新着情報

後頭部から首筋にかけての痛み

2018.02.20 | Category: 肩こり

後頭部から首筋にかけての痛み

大後頭神経痛

肉体的・精神的な原因があり、首の付け根のあたりを押すと強い痛みがある場合は大後頭神経痛が考えられます。症状は後頭部から首筋にかけてピリピリと皮膚がひきつるような強い痛みと、頭重感、疼く感じ、目の奥の痛み、首・肩こりを伴います。原因ははっきりしないが、頭を下にむけて作業する職業や頸椎の変形がみられる40代以降、肉体的な疲労と精神的なストレス、天気や低気圧の影響も考えられます。そのため、ストレスを溜めないようにマッサージや湿布、入浴などの気持ち良いと思えるリラックスできる治療をゆっくりと継続することが大切です。

 

風府:後頭部の中心線で、髪の生え際から上へ指一本分ほど上のぼんのくぼ。頭痛・頭重・全身のだるさ・くしゃみ・鼻水・発熱・寒気など風邪による症状をやわらげるツボ。

頷厭:こめかみ。目の疾患やめまい、片頭痛に効果があります。特に後頭部の痛み。

通天:頭のてっぺん。頭痛・頭重感の治療に効果。なかでも片頭痛によく効き、後頭部からうなじにかけての強張りをほぐすツボ。

 

 

頭痛・肩こりなら四街道市のアース整骨院

各種健康保険・労災・交通事故治療・自賠責保険・子ども医療助成

四街道市四街道2丁目5-23

予約優先

駐車場3台あります。

五十肩、肩の痛み、肩が上がらない

2018.02.13 | Category: 肩こり

五十肩、肩の痛み、肩が上がらない

突然、肩の痛みや肩の動きが悪くなる状態で五十肩と言われる症状は、正確には肩関節周囲炎と言います。40~50歳代の人に多く診られる肩の痛みです。肩こりとは違い、肩が重く・怠く・違和感を感じるようになり、やがて肩を少し動かすだけで痛みます。症状が重くなると、肩の筋肉が痩せたり、押したり揉んだりしても肩が痛みので、肩周囲の筋肉も強張ってきます。洗髪や着衣、寝返りなど日常生活の動作で痛む動作が増えてきます。五十肩は別名を凍結肩といい、肩の冷えを伴います。普段から肩を冷やさないように温めることも大切です。

 

肩井:肩井:首のつけ根と肩先との中央にあるツボ。高血圧症、首・肩のコリや痛み、五十肩、寝違え、眼精疲労、背中の怠さなどに効果がある。家庭でこのツボを押すには親指でこのツボを指圧するだけでも症状をやわらげる効果があります。

肩髃:肩の先端のすみに位置するツボ。慢性関節リウマチの症状に効果のあるツボ。五十肩や肩こりをはじめ、首から肩にかけて症状に効果があります。

臑会:肩先の後ろ側にできるくぼみから肘の一番出ているところに向かって指三本分ほど下にあるツボ。上腕の神経痛や三角筋の痛み、肩関節痛、五十肩など頚肩腕症候群に効果があります。

雲門:鎖骨の外側先端と肩の関節部の間にできるくぼみがツボです。肺の機能に関係のあるツボです。胸苦しさ、咳、喘息、息苦しさの症状に効果。また、五十肩、のどの腫れから狂痛み、痰、動悸などに効果があります。

臂臑:腕を真横に上げて、三角筋がおわるくぼみがツボ。五十肩、腕や手の痛み、しびれ、神経痛などに効果があります。

天宗:肩甲骨の中央にあるツボ。腕が上がらないほどの肩・肘の痛み、五十肩、肩甲骨の痛み、上腕神経痛などに効果があります。

 

肩の痛み、肩こり、頭痛でお悩みなら四街道市のアース整骨院へ!

腰痛・肩こり・骨盤矯正・猫背矯正・交通事故によるむち打ち治療

四街道市四街道2丁目5-23

駐車場3台あります。

予約優先

 

 

アキレス腱の痛み、ランニングの怪我

2018.02.03 | Category: スポーツ障害

アキレス腱周囲炎

足の使い過ぎによってアキレス腱付着部に痛みと腫れを起こします。特にアキレス腱を伸展した時に痛みがでます。アキレス腱周囲炎は、アキレス腱とその周囲組織との間の摩擦が繰り返されることによって発症します。

原因は主に、スポーツによる負荷、加齢による腱の柔軟性低下、偏平足、足に合わない靴を使用などです。アキレス腱の柔軟性が低い場合に発生しやすいので、アキレス腱の伸長能力以上の動作を繰り返した場合に炎症を起こします。

アキレス腱付着部には表層と深層に滑液包が2つあります。表層の滑液包は、皮膚とアキレス腱との間にあるため、靴の踵部分が当たって刺激されます。深層の滑液包は、アキレス腱と踵骨との間にあり、踵骨にできた骨棘によって刺激されます。

症状は、圧痛と腫脹、底屈での痛み、歩行痛などです。また握雪音といって、アキレス腱を動かすとギシギシきしむような音がします。

治療としては、安静が基本です。安静とは、スポーツ中止や制限のことです。安静期間は3週間程度です。炎症の初期はアイシングや冷湿布が有効です。トレーニング後のアイシング、超音波、ストレッチが有効です。また足底挿板や靴の交換を試してみましょう。再発予防のために、アキレス腱の柔軟性を高めるストレッチを心掛け、運動前の準備体操が大切です。

 

スポーツによる怪我、腰痛、肩こり、頭痛、交通事故によるむち打ちでお悩みの方

四街道市四街道のアース整骨院にご相談下さい。

四街道駅より徒歩3分。

駐車場3台あります。

 

スポーツのけが、応急処置

2018.01.23 | Category: スポーツ障害

スポーツのけが、応急処置

スポーツのけがと言っても「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の二種類あります。スポーツ外傷は、スポーツの活動中に体に大きな力が一回加わることで起きるけがです。スポーツ障害は、繰り返し行うスポーツ動作により体の特定部位が酷使されることでおきる故障です。スポーツ障害は、別名「使い過ぎ症候群」とも呼ばれます。

スポーツにけがは付き物ですが、けがが起こった場合に病院へかかるまでの間に、損傷部位の障害を最小限にするための方法を「応急処置」と言います。応急処置を適切に行えば、早期にスポーツに復帰することが可能ですが、大したことないとけがを甘く見ていると、復帰までに時間がかかったり、古傷となって後遺症になることもあります。

応急処置の基本はRICE処置です。スポーツに限らず、歩行中に転倒したり、階段から落ちたり、角にぶつけたりなど日常生活で起こった怪我、体の四肢に起きた捻挫や打撲、肉離れの怪我でもRICE処置を行います。

R:rest 安静

I:ice 冷却

C:compression 圧迫

E:elevation 挙上

 

Rest(安静)怪我した部位の腫脹(はれ)や血管・神経の損傷を防ぐことが目的。損傷部位を固定します。

Ice(冷却)低酸素障害による細胞壊死と腫脹を抑えることが目的。氷やアイスノンで患部を感覚が無くなる位の15分~20分冷却。また痛みがでたら冷却を繰り返す。3日間程。

Compression(圧迫)患部の内出血や腫脹を防ぐことが目的。スポンジやテーピング、弾性包帯で軽く固定。

Elevation(挙上)腫脹を防ぐことと、腫脹の軽減を図ることが目的。損傷部位を心臓より高く上げる。

 

雪道での転倒による怪我、腰や膝の打撲、足首の捻挫、スリップによる交通事故、玉突き事故によるむち打ち

四街道市のアース整骨院では、各種健康保険、自賠責保険、労災、子ども医療助成を取り扱っています。

千葉市や佐倉市、物井や都賀からもお車で通院されている方もいらっしゃいます。夜11時まで営業していますので、仕事帰りでも安心して通院できます。

スポーツによる腰の痛み

2018.01.17 | Category: 腰痛

スポーツによる腰の痛み

腰椎分離症は女性よりも男性に多く、スポーツ選手に発症率が高いとされています。腰椎分離症は関節突起間部の疲労骨折が原因とされており、発育期のスポーツ選手の腰痛の大きな原因となっています。腰椎への伸展、回旋運動によって関節突起間部にストレスが集中して起こるため、そういった動作を繰り返す運動で腰痛分離症の発生頻度は高まります。部活を行っている中高生、とくにサッカー、野球、バレーボール、柔道、体操などのスポーツで多く発生しています。診断は通常、レントゲンによる斜位像でスコッチテリア像として判断されますが、MRIによる画像診断の方が早期発見が可能です。

 

症状の特徴

激しいスポーツをする少年・少女

腰を後ろに反ると腰痛が強まる、伸展時痛。

運動時に痛みが増強。

少年期の場合、運動すると腰が痛くなる。中高年期の場合、腰の鈍痛。

第4・5腰椎にスポーツによる応力が加わりストレス骨折を起こした状態。

 

治療

スポーツ中止・コルセット・ストレッチが基本

発症後早期発見であれば、安静により骨折部の癒合に期待。

学生には難しいが、スポーツ・部活を6ヶ月程度休ませる。

スポーツ・部活を休めない場合、腰に負担がかからないように、

他の上肢、下肢の訓練に集中。

腰痛を感じない程度にスポーツ・部活を行う。

 

 

不眠症、眠れない時のツボ

2018.01.16 | Category: ツボ

不眠症、眠れない時のツボ

不眠症は熟睡できない、寝つきが悪い、眠りが浅く寝ても目が覚めるなどの症状がたび重なったものを言います。多くの場合、不安感やイライラ、心配事などが原因によって起こります。その場合、眠れないだけでなく、首や背中の肩こり、怠さ、頭のぼんやりした感じなどの症状も伴うことがあります。ここでは、不安感をとりのぞき、神経の衰弱をやわらげる効果のあるツボ、冷え性改善のツボをご紹介します。

 

天柱:頭部の重要なツボ。髪の生え際、首の後ろ側、真ん中あたりのくぼみ。頭部の疾患、全身状態を回復するツボ。だるさ、疲労、のぼせる、冷え、低血圧症、二日酔い、乗り物酔い、耳鳴り、寝違え、浮腫み、腎臓病などに効果。頭部の血行促進、頭のぼんやりした不快感がスッキリします。このツボを押したりもんだりすることで、頭部の血行が促進され、頭のぼんやりした不快感がすっきりする。

 

鳩尾:左右の肋骨の下のへりを指でなじり、中心で合わさっているところが胸骨の下の端です。この胸骨下端から少し下がったところがツボです。頭痛、片頭痛、咽喉の疾患、心臓病、神経衰弱、てんかんなどの精神疾患に効果があります。子供の夜泣き、しゃっくりを鎮めるのに効果があります。寝つかれないイライラ感や不眠による神経衰弱を和らげるツボです。

 

関元:おへその下から指幅三本分ほど下がったとこです。胃腸障害、精力減退、高血圧症、不眠症、冷え性、蕁麻疹などの皮膚症状に効果があります。

 

膈兪:第七胸椎の両側へ指幅二本分離れたところがツボです。胸と腹部の機能コントロールがくずれて起こる不眠症にも効きます。

 

腎兪:一番下の肋骨と同じ高さにある背骨が第二腰椎で、この両側が腎兪のツボ。めまい、立ちくらみ、高血圧症、糖尿病、不眠症、眼精疲労、中耳炎、五十肩、坐骨神経痛、ぎっくり腰、特に腎臓病、膀胱炎などの泌尿器系や婦人科系に効果があります。このツボは腎臓の機能が活発だと内臓が調整され、体調がよくなると考えられています。体の怠さとこりがとれて安眠できます。

 

不眠症で悩まれている方は多くいます。当院でも特に女性の方が、寝つきが悪い、熟睡できないと仰ることが多いです。施術後に体の疲れがとれて楽になることで、熟睡できた喜ぶ患者様もいます。

首こり、肩こり、頭痛、冷え性、腰痛、体の張り、怠さ、ストレス、不安感でお悩みの方は四街道市のアース整骨院へご相談下さい。体の疲れをとることで、精神が安定することもあります。

アース整骨院

四街道市四街道2丁目5-23 駐車場3台あります。

予約優先なのでお電話されることをお勧めします。

交通事故のむち打ち治療:http://xn--3kq2b938ajuhwwjpil2hq587a9uohqa.com

咳のツボ

2018.01.10 | Category: ツボ

咳のツボ

最近とても寒くなりましたが、この時期は空気も乾燥して風邪やインフルエンザにかかりやすい時期です。手洗いうがいが基本です。風邪をひいた時の咳は、痰を伴い胸にひびくようなものもあれば、喉がいがいがして乾いているものもあれば様々です。咳で苦しい時に押さえるツボをご紹介します。

 

天突:喉仏から指を下にすべらせると、左右の鎖骨の内側にくぼみがあります。そのくぼみの真ん中がツボです。のどの痛み・しびれ、声がれ、ぜんそくの症状に効果的。気管と咽喉の病気、咳や痰に効きます。のどの渇き、痰がからむなどの症状、しゃっくりを鎮める場合にも使用されます。

 

孔最:手の平を上にして肘を曲ると内側中央に浅く丸いくぼみがあり、手首の方に指三本分下がったところがツボ。呼吸器の症状に優れた効果があります。気管支炎、ぜんそくなど呼吸器系の病気の咳を鎮め、急に咳き込む場合はこのツボを押さえるだけでも楽になります。

 

厥陰兪:第四胸椎から両側に指幅2本分のところがツボ。肋間神経痛や心臓病、呼吸器系疾患に効果があります。咳が激しく出る、のぼせる、胸痛、血の循環が悪く冷え性の人はこのツボを指で押さえマッサージすると症状が楽になります。

 

アース整骨院

交通事故のむち打ち治療、腰痛、肩こり、頭痛、スポーツのケガなら四街道市四街道のアース整骨院へご相談ください。各種健康保険、労災、自賠責保険、子ども医療助成取扱です。

予約優先

駐車場3台

交通事故ホームページ:http://xn--3kq2b938ajuhwwjpil2hq587a9uohqa.com

 

 

 

ぜんそくのツボ

2017.12.23 | Category: ツボ

ぜんそくのツボ

発作的に咳き込んだり、喉がゼーゼーしたりとほとんどの喘息は、気管支喘息と言われるものが多いです。ひどいと顔面蒼白になって呼吸困難になります。アレルギー疾患の代表的なものです。ぜんそくの発作が落ち着いてるときは、体の保温に気を配り、これから紹介する背中と胸の各ツボを指圧しましょう。

 

大椎:首の骨の7番目にある骨で、頭を下げた時に、首の後ろのつけ根の中央に動く突起があり、その一番下端が大椎になります。嘔吐、鼻血、首・肩のコリに効果。片頭痛、湿疹、鼻かぜ、胃腸障害、喘息、抜け毛、円形脱毛症、虚弱体質の治療にも効果。

 

中府:第二肋骨のラインで、腕にぶつかる手前に筋肉のくぼみがあり、指で押さえて上下に動かすと、太い筋肉がコリコリ触れるところがツボ。胸の痛み、肋間神経痛、喘息に効果があります。風邪の諸症状。

 

孔最:手の平を上にして肘を曲ると内側中央に浅く丸いくぼみがあり、手首の方に指三本分下がったところがツボ。呼吸器の症状に優れた効果があります。

 

交通事故によるむち打ち治療、骨盤矯正、腰痛、肩こり、寝違え、スポーツのケガなら

四街道市のアース整骨院へお越しください!

四街道市四街道2丁目5-23

予約優先

駐車場3台

交通事故ホームページ:http://xn--3kq2b938ajuhwwjpil2hq587a9uohqa.com                

テニス肘のツボ

2017.12.19 | Category: ツボ

テニス肘のツボ

テニスでサーブを打つ時などに感じる肘から手首にかけて走る痛みをテニス肘という。テニス肘の病名は上腕骨外側上顆炎といわれ、肘の関節につく筋肉に炎症が起きている場合にみられます。テニスに限ったことではなく、重い物をもったり、手を捻ったり、腕の筋肉に負担を繰り返しかけると発症することがあります。治療としては、その原因となった行動を制限することが一番です。安静と肘の温熱が効果的です。

 

曲池:肘の曲がるところにあるツボ。肘を曲げた時に内側にでる横じわのくぼみ。このツボは大腸の邪気を取り除くことができるツボで、下痢や便秘に効果があります。また、テニス肘、肩から腕にかけての痛みや重怠い感じ、むち打ち症、腕の麻痺、頭痛、胃下垂、皮膚病、糖尿病、生理不順などにも効果があります。

 

手の三里:前腕部の親指側の側面にあるツボ。胃腸の病気、良性の腫瘍、にきび、湿疹に効果的です。また、歯の痛み、テニス肘、のどの痛み、神経をしずめる、精神の安定にも活用されます。

 

神門:手の平を上にした時に、手首の関節部の小指寄りの端にあるツボ。このツボは心臓の異常の有無を知ることができます。動悸、疲労、嘔吐、吐血、食欲不振、寒気、冷え性、便秘、腕の痛みや痺れ、イライラ、ノイローゼ、神経症などに効果的です。

 

寒い時期は、ぎっくり腰になりやすい。

2017.12.15 | Category: 腰痛

寒い時期は、突発性腰痛(ぎっくり腰)になりやすい。

11月から12月にかけてぎっくり腰で腰痛を訴える方が増えます。重い物を持ち上げようとした時や何気ない動作で中腰姿勢になった時に腰に激痛が走ります。俗に、魔女の一撃とも言う。普段から腰痛があったり、体が硬かったり、筋肉に張りがある方など、腰周囲の筋肉が疲労して硬くなっている状態が続くと、腰に過度な運動、ストレスが加わった時に筋肉のバランスが崩れ、その筋肉が作用する関節に負荷がかかり、捻挫を発症する。

初期はアイシングで患部を冷やすこと、痛みのピークが過ぎたら温めてあげましょう。あまりに痛いときは安静が良いですが、安静にし過ぎても回復が遅れます。できるだけ日常動作を行いましょう。

よくぎっくり腰は「癖になる」と聞かれます。癖になるというより、ぎっくり腰になった原因を2度目のときも行っているからだと思います。骨の脆弱性、筋力低下、柔軟性の低下、生活習慣、仕事内容など腰に負担をかけ過ぎなど、なりやすい状況を作っているためです。

とういことは、ぎっくり腰を予防することができます。その状況を回避すれば良いのです。仕事内容を変更するのは難しいと思うので、腰周辺の筋力アップ、柔軟性をつけるのが効果的です。腰痛ベルトに頼るのではなく、お腹・背中・お尻・腰の自前の筋肉によるコルセットを備えましょう。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒284-0005
千葉県四街道市四街道2丁目5-23

駐車場

3台あり

予約について

お電話にてご予約が可能です

休診日

日曜日